フジコーワは米国ペリカンプロダクツ社の正規販売代理店です。フジコーワ工業が販売する全てのペリカンケースは、弊社玉村工場(群馬県)で外観や機能について全数検査を行っています。どうぞ安心してご購入ください。
また、ご要望に応じ防水試験(IPX5、IPX7)も実施しております。必要な場合はお申し付けください。防水試験は有償となりますが防水性能を確認した製品をお届けします。

全数検査実施全製品完全保証!

特注

特注内装

特注加工

承ります

特注専用お問い合せ

ペリカン全ケース サイズ比較表

数字よりも大切な、顔の見える『安心感』
=日本品質

フジコーワは米国ペリカンプロダクツ社の正規販売代理店です。フジコーワ工業が販売する全てのペリカンケースは、弊社玉村工場(群馬県)で外観や機能について全数検査を行っています。どうぞ安心してご購入ください。
また、ご要望に応じ防水試験(IPX5、IPX7)も実施しております。必要な場合はお申し付けください。防水試験は有償となりますが防水性能を確認した製品をお届けします。

写真はIP55の防水テスト風景です

ペリカンケース -PELICAN CASE-過酷な環境でこそ、
その性能を発揮します。

絶対的な耐久性と防水性で、あなたの大切な貴重品を地震・台風・自然災害等あらゆる自然の猛威から守ります。
ペリカンケースは、アメリカ合衆国(軍・警察)や消防・レスキュー・医療機関・報道等、各プロフェッショナルが採用しています。

耐久性・耐衝撃性・耐候

外壁の構造(外側は頑丈な樹脂の壁、内側は無数の樹脂の気泡体((軽量で堅牢)ペリカンケースはコポリマーポリプロピレン樹脂を成形工程で発泡させ、樹脂内部に気泡を形成させることで通常の樹脂より強度を高め、同時に軽量化を実現しました。

補強リブ構造(デザインの特徴でもあり、衝撃に強い構造のケースです)ケースの外側にいくつものリブを張り出すことで各パーツを外部の衝撃から保護・衝撃吸収をし、車で轢いても壊れないほどの堅牢さを実現しました。また、ペリカンケースは『-23℃~99℃』まで耐えることができる『耐熱性』も持ち合わせています。

防塵・防水(IP67準拠)

Oリング

ペリカンケースの蓋にはネオプレーンゴム製のOリングが使われており、完璧なシールで大切な貴重品を水や埃から守ります。

自動気圧調整バルブ

全てのペリカンケースには湿度や気圧の変化によるケース内部と外部との圧力差を調整するバルブがついています。このため密閉状態のケース内部と外部の気圧を均一にし、気圧変化によるケースの変形を防ぎます。このバルブはゴアテックスの素材を使用し空気を通しますが水の浸入を防ぎます。

大切な貴重品も
外部の衝撃から守ります。

標準の『ブロックウレタン(Pick’N Pluck FOAM)』は約1.5㎝角のブロック状の切れ目が入っており、収納する商品に合わせて指で簡単に切り抜くことができ、外部の衝撃から収納物を保護します。(ケースによって切り込みのサイズが異なります。)
※ 弊社ではお客様の機材に合わせた特注内装・ウレタンの加工も行っております。ご要望の方は、収納物の寸法・CADデータをお送りください。(弊社営業スタッフによる採寸も行っております。)

軍事・産業においても
規格をクリア

防塵・防水IP規格(IEC:国際電気標準会議、JIS日本工業規格)
ペリカンケースは防塵防水規格IP表示を取得しています。IP67では第1記号の6は人体及び固形物に対する保護等級(0~6)で最高6等級を示しており第2記号の7は水の侵入に対する保護等級(0~8)で7等級を示しています。(IP67を多くのケースで取得しています。詳細は個別のページでご参照ください。)
MIL-SPEC-4150J ミルスペック(米軍標準規格)
MIL-SPEC-4150Jは米軍の輸送、保管等における規格で、機密性、防水性、耐衝撃、落下などに関する数々の基準があります。ペリカンケースはこれらの規格を取得して米軍に多く採用されています。
STANG 4280(NATO標準規格)
NATO(北大西洋条約機構)における標準規格で、ペリカンケースはこれらの規格を取得してヨーロッパ各国で使用されています。
※ 製品にはRoHS指令が定める『水銀・鉛・カドミウム・六価クロム・PCB・PBDE』は使用しておりません。

ペリカンプロダクツ社は1976年、デビッド・パッカー氏と妻のアリーネさんによってカリフォルニア州トーランス市の自宅のガレージに設立されました。デビッド・パッカー氏は11歳からダイビングに熱心に取り組み、頑丈なフラッシュライトと浸水も故障もしないケースが必要だと悟り、他のどの市場よりも優れた製品の構築に本腰を入れて取り組み始め、数年後自身初の専売特許の製品ペリカンフロートを現実のものとしました。

はじまりはダイビングから
これを地方のダイビングショップに売り始め、それを機に次々とアクセサリーを作り出しました。その中で水中ライトと防水ケースが米軍の特殊部隊、海軍、産業関係の企業の目にとまり、一気に事業を拡大することとなりました。水中ライトや防水ハードケースはその抜群の実用性と耐久性で、現在では産業用をはじめ、軍、警察、消防などのシェアを大きく占めており、ダイビング、アウトドア、カメラ業界での需要も大きく伸ばしています。
過酷な現場における抜群の耐用力で、シェアを伸ばす
また、ライトは、アメリカのみならずヨーロッパ各国の産業・防災関連のいくつもの安全基準の認定を得ていて、世界規模で販売を拡大中です。
2008年はペリカン・プロダクツ社にとって積極的な世界的事業拡大戦略を成し遂げた年となりました。ペリカン・オーストラリアとライト事業地区の発展がなされ、地球規模の営業事務所と製造機関が作り上げられました。またこの年、防水ハードケースの一方の雄、ストームケースの製造会社であったHARDIGG社を傘下におさめることで事業規模が倍増し、精密機器保護用のケース事業における世界で最も大きい会社となりました。
そして世界へ
2011年から現在にかけて、韓国・イスラエル・インド・トルコ・サウジアラビア・南アフリカ・メキシコと、営業拠点は世界的に拡大し続けています。2012年後半、世界的成長戦略の1つとして一般消費者向けのiPhone(アイフォーン)、iPad(アイパッド)、Elite Cooler(エリートクーラー)Elite Backpack(エリートバックパック)をはじめとするPelican Pro Gear(ペリカン プロギア)の製品ラインナップを導入しました。
2014年にはミネソタ州の医療機関向け定温輸送事業を統括するPelican Bio Thermalを設立しました。
2015年には法人・一般消費者・定温輸送など様々な事業へ拡大を続けています。
2015年12月現在では6カ所に生産拠点・21か国に事務所を構え、200,000平方フィートの敷地と1300人以上の従業員を擁する世界規模な会社へと発展し、『ISO9001・2000』を取得した工場で金型製造からデザイン制作までを行う、米国ケース業界のリーディングカンパニーとなっています。